学習塾におけるプロモーションの在り方

2010.2.23の産経新聞によると、

電通が22日発表した2009年の総広告費は前年比11・5%減の5兆9222億円となり、2年連続で前年を下回った。下げ幅は過去最大。世界同時不況による年前半の大幅な落ち込みが響いた。媒体別では新聞が18・6%減の6739億円と落ち込む一方で、インターネットは1・2%増の7069億円で、初めてネットが新聞を上回った。

*

日本の広告費推移(単位:億円)

*

それでは、学習塾の広告費の現状はいかがだろうか。学習塾大手企業の「生徒数規模」と「広告費用」をプロットすると(下図)、集団指導の生徒1人あたりにかかった獲得単価は、だいたい@2万5千円である。一方、個別指導の獲得単価は、集団の4倍の@10万円であることがわかる。なお、赤と青の直線は、それぞれ集団指導(ナガセ、栄光、市進、早稲田アカデミー、秀英予備校、ステップ、ウィザス)と、個別指導(東京個別、リソー教育、明光義塾)別に分けて、平均値を取ったものである。

*

seito-koukoku

*

広告宣伝費の多さが生徒数に、直結していることに注目をして欲しい。つまり、現在の学習塾業界は、資本の差がそのまま業績に反映されやすいと言える。これは、どの学習塾も特段、差異化されてないという現在の市場特性をよく表している。それでは、資本力に劣る企業(塾)は、どのようにすればよいのだろうか。

*

確かに、学習塾広告の定番である折り込みチラシは、確実にどの家庭に届けることができる。欠点は、大量に撒かないと認知されにくいために、コストがかかること。しかも、どのチラシも同じように見え、広告自体に大きな要素が抜けているように思える。

保護者・生徒が来塾したいと考えるのは、教室そのもののイメージ・雰囲気の確認のためである。そのような気持ちの保護者・生徒に対して、セールスプロモーションよりイメージプロモーションが効果的である。行ってみたくなるような仕掛け(ストーリー)や、行かないと損と思わせるような資料を、用意する必要がある。

そういった意味で、ホームページ(HP)を本当に活用している塾は少ない。また、HPがない塾も多く見受けられる。インターネットの特性を最大限に活用する。それは、生きた情報である。パンフレットやチラシは、印刷 した段階ですでに過去のものになってしまうが、インターネットがそれを十分に補ってくれる。しかしこれも、パンフレット化しているHPが多くみられ、残念ながら活用しきれていないケースが目立つ。

折り込みチラシは、ネームバリューを打ち出すには効果的かもしれない。しかし、タイムリーな仕掛けを作るには適しにくいし、コストの問題もある。だからこそ、インターネットを活用したいところだ。まずは、自社のHPをリニューアルしてみてはいかがだろうか。そしてそこに、今の塾の様子、今年の指導方針、講師の紹介などを載せるのだ。生きた情報を。

世の流れは、インターネットであることをお忘れなく。

*

参考

「2009年(平成21年)日本の広告費」(PDF)

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。